MENU

プーケット出産BangkokHospital「バンコク病院」の検診から出産までの記録

目次

バンコクプーケット病院

プーケットのプーケットタウンにある総合病院。

こちらの病院にはプーケットで唯一日本人通訳が常駐されています。
欧米人はもちろん、日本人が通うことでも有名な病院。

保険にも対応しているので在住者はもちろん、プーケット旅行の際に病院に行かれる方も安心して行くことができるのではないでしょうか。

Hiromi

妊婦健診と出産でお世話になったのでレビューしていきます!

まず、病院の入り口を入りすぐ右手に受付があります。

予約票を見せると産婦人科まで案内してくださいました。

産婦人科

初めての検診でドキドキしながら産婦人科へ向かいます。

日本人通訳さんがいるからという理由でこちらの病院で出産することに決めましたが、やっぱり初めての病院は緊張するーーー!

しかし不安とは裏腹に、スタッフさん達が明るくて第一印象は◎でした。

「プーケットで産むの〜?」などと話しかけてくださった。

病院も清潔感があって綺麗。

ちなみにこの奥には新生児クリニックがあり、ワクチンの接種もこちらで行うそう。

小さなキッズスペースがあるので娘を遊ばせて待つこともできました。

スタッフ含めナース達は皆、英語が堪能です。

Hiromi

さすが外国人が多いプーケットの病院!


体重・身長・血圧を測り予約した時間にすぐに呼ばれたのもとても良かったです。

しかし、待ち時間がなかったのは初回のみ…

平日で緊急の患者さんが入った時や土日祝日は通訳さんも忙しいそうで、2時間待ちの時もありました。

ちなみに、通訳を呼ばない場合は時間通りに呼ばれ30分ほどで検診が終わることが多かったです。

簡単な英語が話せる人、特に聞きたいことや大きな心配事などがない場合は通訳なしでいくのもありかなと思います。

ドクター選び

産婦人科の医師は、この方々です。

初回は指名せずに予約したので1番右上の男性、キティパット医師に見て頂きました。

正直、男性のドクターには抵抗がありましたが、プーケットで出産…ワガママな事は言ってられない!

「ちゃんと腕のある先生なら誰でもイイわっ!」

という事で、期待はしていませんでしたがキティパット先生はとても良い先生でした。

〈出産を終えて良かったポイント〉

・いつも優しい雰囲気、傲慢な感じがしない

・何かあったらすぐに連絡してね!と電話番号スタンプを押してくれる
※イヤ、タイ語話せません…(笑)ってなったけど

・前回通っていた病院で言われた心配事を相談すると「大丈夫だと思うけどね〜次回、早めの検診でもう一度検査しましょう」とベテランな対応。20年近く勤務されているそうで安心感あり
※結果、心配ないと言われ安堵

・お臍の横にポコっとした膨らみが出てきて、ナニコレ?と怖くなって相談すると、エコーで見て「何もないし大丈夫。痩せ型の人は生まれた時の癒着部分が目立ってくるだけ」と、きっぱり

・触診が子宮口の長さを図る時の1回のみだった
※サミティベートの女医には毎回調べられた

・出産時の帝王切開の技術は問題なし。手術中も大丈夫?と声掛けしてくれて安心感あり

・麻酔科医のおじいちゃんドクターとも仲良さそうで良い雰囲気の職場と感じた

・手術中にボサノヴァとジャズを聞きながらノリノリだった(笑)

違和感もなくとても良い先生に感じたので、最後までお願いすることにしました。

日本人通訳

これまでプーケットには日本人通訳が3名いたそうですが、今は1人だけとのこと。

「ヒロコさん」という女性です。

今までの病院でも通訳を何度かお願いしましたが、タイ人で日本語が話せる通訳の方が多いんですよね。

病院の専門用語など、微妙なニュアンスがイマイチ通じないことが多々ありました。

Hiromi

貴重な日本人通訳なので本当に安心感があります。

しかし、1名しかいないため大変お忙しいようで通訳に来れないこともあるのだとか。

そういった時には、バンコクにあるバンコク病院の通訳と電話通訳をすることもあるそうです。

大きな質問や心配事がない時は、簡単な英語とGoogle翻訳を使って通訳なしの検診でも問題ないかと思います。

通訳さんなしでは私のプーケット出産は不可能だったのでとても感謝しています。

出産パッケージ

出産パッケージ費用

自然分娩 2泊3日 51000THB〜
帝王切開 3泊4日 65000THB〜

出産費用が気になっていましたが、バンコクのサミティベート病院に比べると費用はだいぶ抑えられる印象。

自己負担なのでなるべく費用は抑えたいところ…ちょっと安心しました。

出産パッケージの紙は初回検診でくださいと言って貰いました。

プランによっては、検診で4Dエコーをやってくれたりと内容が変わるので早めに検討されることをおすすめします。

Hiromi

第一子の出産は帝王切開で6泊。今回は3泊にしてみたけど、相当ハードだった…

出産パッケージに含まれるサービスはこちら。

私が選んだスタンダードプランには、最低限のサービスしかついていませんでしたが十分の内容でした。

出生証明書など必要なものだけ揃えばいいなと思ったので結果的に満足しています。

※料金は変更があるので上の画像を参考にされてください。

プレミアムの部屋を選ぶと広いホテルのようなお部屋で入院できるそうです。

旦那さんも子どももお泊りできるよ〜と勧められました。

写真でも見せてもらえばよかった…

Hiromi

プレミアムプランも気になりますね!

予約方法

電話で英語予約に自信がないため、こちらのホームページのフォームから予約してみました。

ホームページはこちら

どの先生が良いかなど全く分からないので、無指名で希望日時を連絡します。

次の日に、

「パスポート情報を送ってください。その後、予約確定となります。」

と返信が来ました。

パスポート情報を送りましたがその後2日経っても返信が来ず、もう一度催促のメールをしたらすぐに返ってきました。

海外なので返信が遅い時は、ガンガン催促しましょう。

ちなみにLINEからも予約可能ですが、フォームがエラーで開けずに断念…

妊婦検診

検診内容

22週検診 3827THB

・初回の問診、母子手帳チェンジ

・経膣エコー
子宮口の長さをチェック
2.5センチあれば早産になりにくいそう。私は4センチでした…長

・経腹エコー
赤ちゃんのチェックをして終了
胎児体重:500グラム

・サプリをもらう(ビタミン剤、カルシウム)

24週検診 4041THB

※心配事があったので早めの検診をお願いしました。

・糖尿病検査
砂糖水を飲まされ、1時間後に血液検査
さらに1時間後に検査結果がでてからドクターの診察
3時間も病院にいました…

・経腹エコー
赤ちゃんのチェックをして終了
胎児体重:650グラム

・サプリをもらう(ビタミン剤、カルシウム)

28週検診 4450THB

・経腹エコー
赤ちゃんのチェックをして終了
胎児体重:1660グラム

・サプリをもらう(ビタミン剤、カルシウム)

32週検診 5338THB

・経腹エコー
赤ちゃんのチェックをして終了
胎児体重:1720グラム

・血液検査:エイズ、B型肝炎、血液形状、梅毒の検査

・3種混合ワクチン接種(Adacel ワクチン):ジフテリア、百日咳、破傷風の予防
※母体に打っておくと、生後2ヶ月くらいまで赤ちゃんにも免疫がつくそう

※日本では一般的ではないですが、母体から胎児への感染を防ぐために、欧米、オーストラリア、ブラジル、韓国などで妊婦への接種が推奨されているようです。

前回出産時のサミティベート病院では打たなかったので病院の方針により異なる模様

34週検診 4525THB

・経腹エコー
赤ちゃんのチェックをして終了
胎児体重:2300グラム

・サプリをもらう(ビタミン剤、カルシウム)

36週検診 3295THB

・経腹エコー
赤ちゃんのチェックをして終了
胎児体重:2560グラム

37週検診 1570THB

・経腹エコー
赤ちゃんのチェックをして終了
胎児体重:2800グラム

最後の検診だけ謎に安かったのは何故だろう…

最後の検診で

・出生証明書(スティバット)の制作

新生児室のスタッフが翻訳を行う
翻訳料金:500B

・新生児マススクリーニングの予約


こちらは、先天性の病気がないかのテスト。

生後4日め頃の赤ちゃんの足のかかとから採血し、検査機関に血液を送るそうなので早めの予約が必要。

※サミティベート病院ではオプション(9000Bほど)で行いました。
バンコク病院では行わない方が多いそうですが、確認してもらったところ、今は無料で24つの検査ができるそう。

こちらも予約をお願いしました。

Hiromi

当日のスケジュールを確認して最後の検診はお終いでした〜

38週出産

計画帝王切開について

出産したい日時・時間を選ぶことができるので、1ヶ月前に「この日に産みたいです」と先生に伝え手術の予約をしました。

タイでは生まれる曜日や時間が重要視されているので、早めに言っておかないと人気の曜日は予約がとれない事があるかもしれません。

注意事項

計画帝王切開をする時の注意事項としては、前日の夜0時〜飲食禁止です。

水も飲んではいけない理由は、たいていは部分麻酔(下半身のみ)ですが、まれに全身麻酔になる場合があります。

部分麻酔でも全身麻酔でも嘔吐する可能性があり、全身麻酔は挿管して気道確保されているけど、部分麻酔では手術中に嘔吐して気道が詰まったりすると大変なので、絶食するのだそう。

術後もしばらくは水を飲めませんが、点滴が入っているので喉は渇きませんでした。

Hiromi

手術室で朝ごはん食べてない〜?とタイ人ドクターに聞かれた。さすがに食べてません!笑

そして、手術なのでやっぱりリスクはつきものですよね。

手術前には10枚近くの同意書へのサインが行われます。

例えば、大量出血時の輸血のことや、宗教上の問題、持病の有無など…

万が一の時のために、日本人通訳さんを呼んでしっかり確認されることをおすすめします。

帝王切開当日のスケジュール

▶朝7時 集合
スターバックスの右奥にある「EMERGENCY 救急へ集合

出産プランの料金前払い

▶7時半 病室へ行く
(手術前の血圧などのチェック、着圧ソックスを履かされる、アンダーヘアの処理等を行う)

▶10時 手術室へ
麻酔科医による「局所麻酔」開始
10分ほどで麻酔が効く

すぐに「帝王切開」開始
(夫は、産まれる直前に室内に呼ばれる)

▶10時28分 誕生
(赤ちゃんと記念撮影、その後、夫退出)

▶11時 手術完了

▶11時10分 リカバリールームへ運ばれる
(約2時間ほど)

▶13時 病室へ戻る

▶通訳さんが病室へ来てくださる
※出産日にいるか確認しておくのが◎

▶16時 赤ちゃんと病室で対面
(呼吸の乱れがあり治療していて少し対面が遅れました)

授乳開始、夜はナーサリーで見てもらい、翌日から昼間は母子同室をおすすめするとの事で朝9時〜夜18時までお世話が始まりました。

Hiromi

帝王切開翌日、2日目の母子同室は本当にキツかった…

入院の様子は別記事にまとめます。

バンコク病院の検診〜出産までの合計費用

プーケットのバンコク病院での検診から出産までのトータル費用は、

検診費用:27,046THB(22週〜37週)
日本円(レート4,1計算):110,888円

出産プラン費用:65,000THB (帝王切開3泊4日)
日本円(レート4,1計算):266,500円

その他:746THB
日本円(レート4,1計算):3,058円

入院中に処方された薬
出生証明者の英訳翻訳料金500THB

合計:92,792THB
日本円(レート4,1計算):380,447円

Hiromi

バンコクで通っていたスクンビット病院での初期検診を含めても、約40万円くらいの費用で収まりました。

しかし、帝王切開で3泊での退院はなかなかスパルタでした。
約一週間もすると少し痛みが引いて歩けるようになるので、やっぱり6泊くらいはできると体が休まりますね。

海外の女性強し…

感想・まとめ

バンコクでの出産に比べ、プーケットでの出産の情報は本当に少なく、私自身も「プーケットで産むの大丈夫かな?」と初めは不安でした。

入院中の別記事にも記載しますが、ドクター達はベテランで麻酔科医は日本語が少し話せたり、手術中はボサノヴァや松田聖子の音楽をかけてくれたり(笑)

想像以上に思い出に残る良い出産となりました。

プーケットへ教育移住される日本人家庭が増えているそうで、これから同じくプーケットで出産される方も数名いるようです。

貴重な仲間だな〜と勝手に嬉しく思います。

もし質問があればインスタグラムのDMからなんでも聞いてくださいね!

以上、プーケットでの出産記録となります。

この記事が誰かの役に立つ日がくることを願っています。

場所・行き方

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2018年〜海外移住
社畜人生に嫌気がさし25歳でニートに
転職しても同じ繰り返しだと感じ独立

物販ビジネス、情報発信、コンテンツ販売を経て
現在は、のんびりタイ情報発信しながら
スローペースでお仕事&海外子育て奮闘中。

好きなものは酸辣湯麺とポメラニアン。2児の母

コメント

コメントする

目次