今後10年で当たり前の職業に?新時代に生き残る仕事5選をまとめてみた!

時代は令和に変わりましたが、今後10年で時代はますます変化していくことが予想できます、

そんな中で、生き残る職業って一体何でしょうか?

今日は、「今後も必要とされる5つの職業」をテーマに記事を書いてみました。

それでは、始めていきますね!

1,YouTuber、インスタグラマー、インフルエンサー

これからは動画の時代です。

今後Googleの検索上位はYouTubeが占めると言われているので自分のメディアは絶対に持っておくべき。

芸能人も最近、続々とYouTube始めていますね。

インフルエンサーと呼ばれる人達はファン化ができているので、ファンに対してサービスを売ることもできます。

SNSの盛り上がりによってますます個人が活躍できる時代がやってきた感じがしますよね!

最近では、17ライバーという投げ銭式のアプリで稼ぐ若者も増えています。

芸能人よりも稼ぐユーチューバーもいますし、人気インフルエンサーもこれからますます需要があると言えますね!

 

2,ファッションコンサルタント、インテリアコーディネーター

これらの仕事には感性が関わってくるので10年後にロボットが増えても、ロボットにはできない仕事として重宝されます。

インスタで人気のフッションインフルエンサーとかも、企業とコラボしたり、自らのコンサルを提供できたり…チャンスが無限にありますよね。

また、年収1000万以上のエグゼクティブな男性専門のファッションコンサルですとか、ライバルと差別化できると自分のコンテンツが完成するのではないでしょうか。

3,イラストレイター、デザイナーなどの専門職

こちらもロボットができないような感性が関わる職業です。

希少性が高い職業は、いつの時代も生き残れます。

ですが、SNSを使ってマーケティングしたり時代の波に乗らないと、人の目に触れる機会がなく廃れてしまう人も多いかもしれません。

最近、気になっているのは、インスタのマンガです。

私も、お気に入りの恋愛マンガをインスタでよくみています!

絵にもファンがつきますし、マンガが人気になれば

書籍化が現実になったり、雑誌の連載に載ったりとか…人の目につく発信をするのはマストかなと思います。

別に顔とかを全くださなくても問題なく仕事にもなるのですごい時代ですよね^^

4,職人・芸術家

こちらもかなり希少性が高く、日本の職人さんは海外で重宝されることも今後増えます。

2020年には日本でオリンピックが開催されるので、また注目が集まります!

世界に1つしかないアート作品も、希少性がありますよね。

YouTubeとか、インスタで発信している芸術家さんとかまだまだ少ないので今後、期待できる分野かなと思います。

5,心理カウンセラー

2020年以降、最も多いとされる病気は、「鬱病」です。

これから、富の二極化がどんどん進行し、ロボットと共存する時代が本当に来たとしたら職を失う人もでてくるかも知れません。

そういったときに、悩みを相談する人=心理カウンセラーは、重要な職業になりそうです。

逆に、工場作業や、レジ打ち、ロボットにでもできてしまいそうな仕事をしていると少し危険な可能性があります。

そして、最後に人間は誰もが平等に年をとります。

自分がいまでも元気でいれると思わないこと。

働き方改革により、ますます社会は変わってきそうですよね。

複業も解禁されたことですし、何が起きても生きていける対策を早めにしていきましょう♪

あの時やっておけばよかったと思わないように…

まとめ

これからの時代は、ますますIT革命が進み、人工知能が登場したりします。

ロボットでもできるような仕事は人間がする必要がなくなって、職を失う人もでてくると言われていますよね。

実際、そのような時代がくるのはまだまだ先と思っていたり、今が楽しければいい!なんて思っているかもしれませんが、先に頑張って後に楽をしていきましょう。

人間は、老うので、どうしても後からがむしゃらに頑張りたくても頑張れない時がやってきます。

これは皆平等です。

更に、本当にそのような事態になった時、あなたの仕事は10年後も続けられるものでしょうか。

また、もし、病気で思うように働きにでれなくなったら、どうやって生きていきますか?

家族が働けなくなってあなたが、家族を支えるかもしれません。

自分の収入だけで生活していくとなったら、働き詰めになって身体を壊してしまいますよね。

人生何が起きるかわからないので、できる対策は今から考えてしっかり行動していきましょう。

後悔のない人生を歩みたいなら自分で決めたレールを歩いていきましょう。

初心者が動画で副収入を稼ぐ方法3選

ここ数年、Instagramが人気ですが次は「動画の時代がくる!」と言われています。

例えば、Instagramでは、「ストーリー」という動画をアップする機能がついたり、「インスタライブ」という生配信ができる機能で芸能人やモデル・インスタグラマーが自分のアパレルブランドを販売している光景も良く目にするようになりました。

つまり、個人が動画を使ってお金を稼ぐ時代が私達の周りに徐々に浸透してきている事が分かります。

メルカリチャンネル

メルカリチャンネルとは、フリマアプリ「メルカリ(mercari)」内で利用する事ができるライブ配信機能のことです。

Niconico生放送やYoutube Live!などで動画配信をしている人がいますが、メルカリでも同じような事ができるようになりました。

そもそもメルカリは商品を販売したい人と、購入したい人が集まっているツールになるため、ライブ配信をしながら販売することはとてもメリットになると言えます。

なぜかと言うと、購買意欲がある人に、ライブ配信で的確な商品情報を届けることが出来れば、通常よりも商品が売れやすくなるからです。

そして、写真よりも動画の方が圧倒的にあなたのファン、またはあなたのショップのファン化に繋がります。

この点を上手に利用していくことで、「あなたのオリジナルTVショッピング」かのように商品を売ることが出来ます。

アンミカになったつもりでどんどん売っちゃおう♪(笑)

「個人情報とか身バレしないの?」と心配な方もいるかもしれませんが、ライブ配信は、顔出しせずに利用することもできますので、声だけで販売しても良いですし、または、仮面を被ったり、軽い変装をして販売しても個性が出て人気になる可能性もあります。

大学生がいらなくなったゲームソフトをライブで販売したり、仮面を被った主婦が昔使っていたブランド品を販売していたり、占い師が開運ブレスレットを販売している所を良くみかけます。

動画を使ってTVショッピングのように自分の商品が売れるようになった事はとても魅力的ですね♪

17live(イチナナライブ)

「17Live(イチナナライブ)」とは、アジア圏を中心に爆発的な人気となっているライブ配信アプリです。

元は、台湾のアプリですが「有吉ジャポン」で紹介されたことによって、日本の若い女の子達の間でも話題になりました。

使用している世代は10代~20代前半の女性が多く、17Liveで配信する人を「イチナナライバー」と呼びますが、視聴者は17ライバーの配信をみて気に入った17ライバーに、アプリ内で課金すれば購入できるプレゼントと呼ばれる「ギフト」を贈ります。

また、「いいね」や「コメント」、「Poke」(「つっつく」の意)を使い、コミュニケーションが取れるようになっています。

月収300万を稼ぐイチナナライバーもいるそうです。

1つ問題点があり、中国ではお金を稼ぐために若い女性が性的な映像をライブ配信したりと、まるでネットのキャバクラ化が進んでいるようです。

お小遣いを稼ぎたいがために、そのような女性ユーザーが続出したため、17Liveは中国では問題視されているようです。

ですが、ルールを守れば何の問題もない最新のアプリですし、自分の個性がお金に変わる環境がどんどん増えてきている事は非常に前向きなことではないでしょうか。

ユーチューブ

YouTubeとは、無料で利用できる動画共有の代表的なサイトですが、「ユーチューバー」は誰もが耳にしたことがあるくらい有名になりました。

動画を使って稼ぐモデルにもいくつかありますが、ユーチューバーはどのように稼いでいるかというと、ユーチューブに動画を投稿してその再生回数に応じた広告報酬がyoutuberの収入になります。

ユーチューブの広告報酬はyoutuberによって異なり、0.05円~0.1円からと言われています。

トップクラスのyoutuberになれば年収も円換算で1億円以上って噂です。

日本国内のyoutuberでも、トップクラスのHIKAKIN(ヒカキン)やラファエルの年収は1億円を超えているみたいですね。

ですが、日本のyoutuberで年収が1000万円を超えている人はごく一部で、多くのyoutuberは企業に勤めるサラリーマンの平均年収にも及びません。

私達が今からプロのユーチューバーを目指すのはちょっと難しいかと思いますが、YouTubeを使ってお金を稼ぐ方法は他にもあります。

リストマーケティング

リストマーケティングとは、マーケティングにおいて最も効果的な手法の1つです。

マーケティングの世界でリストとは顧客リストのことを指し、個人または自社の顧客リストを活用したマーケティング手法のことでを言いますが、これをYouTube上で行います。

「なぜリストをとるべきか」という理由ですが、YouTubeを使い個人のオリジナル動画を配信していくことで、それが今後ビジネスをしていく上で「あなたの重要な資産」になっていきます。

例えば、ビジネスに関する動画をあげても良いですし、株やFXが得意な人は投資関係の動画を専門的にあげていくと良いですね。

一貫性を持たせることでファン化に繋がります。

動画配信から、メルマガやLINE@に誘導しリストをとることで、リストに対してのマネタイズができるようになるので、結果的にお金を稼ぐ仕組みができあがります。

これらのビジネスモデルは初期費用がかからず、ノーリスクで始められますのでやらない手はないですね♪

在宅にいながら自分の特技や知識をネットで販売できる副業サイト3選

「自分の得意なことをネットで販売できる場所」が増えてきました。

例えば、趣味で制作したハンドメイドのアクセサリーや革のバッグなどの形のあるものを販売するウェブサイトはいくつも存在していますが、最近では自分の「特技や知識・情報など」形のない商品も販売できるようになりました。

形のない商品を販売できるって凄い時代ですよね。

自分の得意なことがお金になるって嬉しいし、しかも原価ゼロで全てが利益になるのは魅力的です。

今日は、意外と知られていない自分のスキルを販売できる代表的なサイトを3つをまとめました♪

ココナラ

ココナラは、知識スキル経験を売り買いできるネット上のフリーマーケットのようなウェブサイトです。

2017年には、テレビCMも流れたので少しずつ認知度も上がり、現在の利用ユーザーは45万人を超えるそうです。

CM効果でどんどんお客さんが集まってきて、自分のスキルを販売したい人や新しいサービスに価値を感じてココナラを利用している人がいかに多いかが伺えますね♪

ココナラは、初心者でも簡単に無料登録ができてすぐにサービスの販売ができ、決済や売上の受け取りはサイトが仲介してくれるので安心して自分のスキルを販売することができます。

出品作業も簡単ですし、一度売れるアカウントが育つと自動的に売れていく仕組みなので、初めの作業をしっかりとこなせれば、立派な収入源の1つになると考えられます。

主婦やフリーランスの方、副業で特技を販売したい人にはオススメのサイトと言えます。

実際に、どのような商品が販売できるのかと言うと

・SNSのプロフィールに使うイラストを描きます。

・あなたに似合うファッションをコーディネートします。

・お悩み相談乗ります。

・あなたに合ったダイエット方法を教えます。

・美尻の作り方教えます。

・税金や法律のプロが親身に相談に乗ります。

・韓国旅行の秘密のオススメスポットを伝授します。

・プレゼンの資料を作ります。

・あなたの結婚する時期を占います。

など、「えっ?こんなものまで売っていいの?」という商品まで販売されています。

出品時の価格は、500円~200.000万円までの間で選択できます。

初めは、無料お試し枠で出品してお客様からレビューをたくさんもらいましょう。

まずは、アカウントを育てて売れているアカウントを演出することが重要です。

趣味や特技をココナラに出品して稼いでいる人はたくさんいます。人よりも得意なことや、これだけは誰にも負けない!という知識があるならば、さっそくココナラで販売してみましょう!

ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなるので気軽に始めてみてくださいね♪

BASE(ベイス)

ベイスは、30秒で「あなただけのオリジナルネットショップ」が開設できる、ネットショップ作成サービスです。

しかも、初期費用・月額費用0円で簡単にネットショップ作成が可能!

ホームページ制作って外注化すると意外と費用がかかるんですよね。

でも、ベイスなら自分好みにレイアウトもできて簡単にネットショップが作れるから本当にありがたいです。

ベイスの特徴を簡単にまとめると、ハンドメイド商品からアパレル、小物、さらには、形の無い「無形商品」の販売も許可されているネットショップとなります。

無形商品とは、

  • 情報商材
  • セミナー
  • コンサートのチケット(発券番号)
  • 代行サービス(掃除・お墓参り・神社お参りなど)
  • 占い・鑑定
  • レンタル
  • カウンセリング
  • その他有形商品に該当しないもの

などが該当し、ルールを守ればこれらの商品の販売も許可されています。

情報商材を堂々と販売して良いサイトって数少ないからベイスすごい…。

さらに、ネットショップを開業したい場合、普通ならウェブデザイナーがするような作業も、ベイスの無料テンプレートを使用するだけでそれなりの販売ページを作ることができ、出品アイテム数がたくさんある場合は、有料版のテンプレートを購入し販売ページを簡単にカスタマイズできることが最大のメリットとも言えます。

一方で、デメリットはというと「集客力が弱い」という点にあります。

初めのうちはブランド力がないため、何か月も売れない状況が続き撤退していく人も多く見受けられます。

ベイスに自分の商品を出品する際、「商品を売るコツ」はというと、ただ出品だけしても売れないので「同時に集客をしていく」必要があります。

そのオススメの方法としては、インスタ集客が1番効果的なのではないかと考えられます。

ハンドメイド商品やアパレルは、インスタ映えもするし、インスタらか集客してベイスに誘導している人が多くなってきましたよね。

ベイスでアパレルショップを立ち上げて月商300万の店舗になった主婦の方もいます。

集客するためにはツイッター・フェイスブック・インスタなどのSNSを利用し、自らで宣伝しなければなりません。ベイスの無料ブログもあるのでそこから集客することも可能です。

その他、商品が売れた場合に発生する手数料が少々高いのも難点ですが、売れだすと副業から本業にもなりそうなビジネスチャンスが眠っていそうですね。

note(ノート)

noteは、文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を投稿して、クリエイターとユーザをつなぐ、まったく新しいタイプのウェブサービスです。

有名ブロガーのイケハヤさんやはぁちゅうさんが火付け役と言われており、ここ数年で一気に広まってきましたが、まだまだ知名度は比較的浅いと言えます。

noteでは、無形商品の販売が許可されていますが、大きな特徴として「情報商材」の販売を禁止しています。

ですが、この「情報商材」の定義は曖昧と言われており、多くのブロガーが売り上げのデータやアフィリエイトの内訳、ブログのマニュアルなどを販売している現状にあります。

なぜ、情報商材に近い商品を販売している人もいれば、アカウントを停止されてしまう人もいるのかと言いますと、「ノウハウを書いたり、稼ぎ方を教えるのはNG」といった事が問題ではなく、運営側が個別に記事を読み、胡散臭い商品や怪しいと判断した商品を販売している個人を取り締まっているようです。

「情報商材」とみなされた場合、その記事による収益は没収されてしまうそうで、新たな規約では違約金を請求されることもある、と記述されています。

今のところそうした例は聞きませんが、アカウント停止や収益没収、違約金の請求をされるなどのトラブルは事前に防げることなので、注意しながら販売していくことをオススメ致します。

自分のオリジナル性のある商品をルールを守り販売すれば、問題は無いということですね。

他にも、「自分の知識やスキルを販売できるサイト」があるので少しご紹介します♪

Udemy(ユーデミー)

 

Udemyとは、誰でも先生になって自分の講座をインターネット上に公開できるプラットフォームのことです。

海外では、知らない人がいないくらい人気といってもいいサイトのようで、講座を販売し、講座販売金額の30%をUdemyに支払うというビジネスモデルになっています。英語が中心ですが、11の言語に対応しており、日本語の講座も公開されているので、人に教えることが好きな方は日本版Udemyを使用するのも1つの手ではないでしょうか。

infotop(インフォトップ)

インフォトップは2006年に作られた情報商材系のASP(Application Service Providerアプリケーションサービスプロバイダ)です。

現在、情報商材系では一番強い力を持ったASPといえます。

インフォトップで商材を販売する時は、商品販売時の審査があるため、独自の商品をしっかり作り込んで販売する必要があります。

初心者には少し難しいかも知れませんが1番強いASPであるため、人の目に触れる機会は多くなりますので、ビジネス経験者の方にはオススメのサイトと言えます。

PCスキルに自信がなくても、お金がなくても、ネットで自分のスキルを販売できる場所があることを知っているだけで、1つ収入源を増やすことができます。

是非、トライしてみてくださいね♪

会社にバレずに始められる秘密の副業3選

日本の政府が主導している「働き方改革」の一環により、平成30年は「副業元年」と呼ばれています。

では一体なぜ、副業解禁の流れになってきたのかという事ですが、それは、国が「終身雇用制度の終焉」を宣言したという意味になるのではないかと考えられます。

これまで日本は、本業への支障や情報漏洩への懸念、競業避止などの観点が主な理由で副業を禁止していました。

「競業避止義務」とは、労働者は所属する企業と競合する会社や組織に就職したり、競合する会社を自ら設立したりするなどの競業行為を行ってはならないという義務のことを言います。

ですが、それは企業が「就職から定年まで社員の面倒を見る」という暗黙の了解があったからこそ成り立っていたことでした。遂に国が副業を勧める時代になったということは、「方針を切り替えるタイミングが来た」と判断したのでしょうか。

つまり、簡単にまとめると「会社に勤めていれば安心」という時代は終わったという事です。

この事実は、サラリーマンや会社勤めしている女性に及ぼす影響も少なからず出てくるという事になります。

これまでの日本企業は終身雇用を守る努力をし、退職金も用意されるのが当たり前でしたよね。ですが、今後は、会社に勤め続けて定年を迎えたとしても、そのような恩恵を受けることができなくなる人もたくさん出てくる時代になってきそうですね。

「副業したいけどバレたらやばいのでできません」という人がいますが、「自分の人生を今から真剣に考えない方がもっとやばいですよ!」と、ちょっぴり毒舌かも知れませんがわたしはこう思います。

でも実際そう思いませんか?

だってあなたの人生の責任まで会社はとってくれないですからね…。

そこで、今回は、バレずに始められる副業についてまとめてみました♪

家にある不用品の販売

自分の家の中を見渡してみて欲しいのですが、買って満足してしまい、使っていないモノが必ずあるはずです。まずは、家にある使っていないモノをフリマアプリのメルカリに出品し片っ端から売ることから始めてみてください。

ですが、こう言う人がいます。「売るモノなんて無いよ。いらないモノも無いし・・・」と。果たして本当にそうでしょうか?

実は、私達が毎日使うモノや、良く着る服などは意外と一部に限られています。モノが捨てられなくて困っている人は、1年を基準に使わなかったモノから処分していきましょう。

特に、女性は洋服や靴を大量に持っている人が多いですが、流行が過ぎさった服をいつまでも着ていたりすると気後れする原因にもなりますし、毎朝何を着ようか悩む原因にもなるので「着ていてトキメク服と、ついつい着てしまう気心地良い服」だけを残すなど、整理整頓してとにかく販売してみてください。

また必要になった時に売れたお金で新しいモノを買えば良いだけです。その方がお金は循環していきますよ。

ZARAやユニクロなどの誰もが知っているプチプラブランドの洋服はメルカリで意外と売れやすいです。

インスタ映えする写真を撮ってみたり、少しの工夫で簡単に売れるようになります。

実は、あなたの家の中は在庫で溢れていて、「高額で売れるかも知れないモノが眠っている宝の山」なのです。

フリマアプリで売れたら全てが利益になり、家の中は整理整頓されて断捨離にもなるので一石二鳥。

不用品販売は、初心者でも副業としてかなり参入しやすいモデルで、原価ゼロから月5万~10万円売り上げる事は正直簡単なことです。しかもメルカリでものを売っているだけなので、会社にもバレにくいです。

特に、使っていない家具・電化製品・眠っている古いブランドのバッグなどは高額で販売しやすいのでオススメです。

知人・友人の不用品販売代行

副業はしたいけど「不用品販売なんて面倒な事をするのは面倒。」こんな方には、起業することや副業をすることは向いていないかも知れません。

ネットビジネスでお金を稼いでいる起業家や社長は、表向きはキラキラして見えますが、毎日やっている作業は意外と地味です。始めのうちはパソコンとひたすら睨めっこしている人がほとんどです。

お金を稼いでいる人は見えない所で必ず努力をしています。

「面倒なことはできるだけしたくない!」誰もがこう思いますよね。

ですが、その「面倒なことを変わりにやってくれる」代行業者が世の中にはたくさん存在しています。どういうことかと言うと、「人が面倒と思う事は仕事になる」ということですね。

そこで、「いらないモノはたくさんあるけど不用品販売をする時間がない!」という親戚や家族、友人の代行販売をあなたがすれば良いのです。

もちろん売れた時に10%程、手数料をもらう契約をして販売しましょう!ちょっとビジネスっぽくなってきましたね。

こんな感じでコツコツやっていき、主婦が子育てをしながら月に10万近く稼いでいる人もたくさんいます。

古着屋・中古品・リサイクルショップの代行販売

例えば、古着屋や個人経営の中古品販売店などは、「ネット販売に力を入れている店が少ない」ことがあります。

ネット販売については、検討しているが、やり方も分からずに手付かずの店舗も多いと聞きます。

集客ができない店の売上げは伸びませんし、今どきネット販売を活用していない店舗は、大きな損をしていると言っても良いのではないでしょうか。

あえてネット販売をしないポリシーがある店もあるかもしれませんが、少なからず、インターネットマーケティングを活用したほうが確実に集客に繋がるのは事実です。

個人で交渉に行くには少し勇気がいりますが、「ネット販売に興味がある店なのかどうか」また、「代行販売ができるかどうか」の商談をしにいき、契約が成立後、商品が売れれば手数料をもらうことができる立派なビジネスが成立する訳です。

わたしの知人で、実際に中古品販売店のネット販売代行をして毎月副業で数十万稼いでいる人がいました。

その人は会社を辞めて、本業へ転身したそうです(笑)

お店のオーナーと知り合いで、交渉が成立してビジネスに繋がったそうです。

人生変わったと言っていました。

販売代行ビジネスは、個人でも始めやすく会社にバレるリスクも少ないといえるでしょう。

なぜなら、フリマアプリやネットビジネスが普及してきて、副業を始める段階で準備などに手間もかからず、誰もがモノを売りやすい時代になった為です。

人が面倒でやりたくないことは、マージンを貰えるビジネスモデルになる可能性が高いということですね。

会社にいながらでもできる、これらのビジネスモデルを参考に是非、副業を始めてみてください♪