副業起業したい主婦がメルカリ不用品販売で10万稼ぐ為に必要な3つのコツ

副業したくても「一体何から始めれば良いのだろう・・・」という人が意外に多いのではないかと思います。

わたしも初めそうでしたが、やる気満々で早くお金を稼ぎたいのに何から始めれば良いのか分からずにモヤモヤしている時期がありました。

その時に、スキルも何もない私でも「メルカリなら簡単だしできるかも」と思い、まずはいらなくなった不用品の販売を始めました。そこで自分のいらなくなった不用品と、親からの処分依頼品などを含めて初月から20万円ほど売った経験があります。

不用品販売とは家の中での不要になったモノを販売することを言いますが、良く「売れるモノなんてないよ」と言う人がいます。

ですが、それはあなたが勝手に売れないモノと決めつけているだけの可能性が大きく、実際には、「新品で買うほどでもないし、ちょっと使えれば良いからメルカリに無いかな?」とあなたの出品したモノを必要としている人もいるという事です。

家に高級品などが無くても大丈夫です。

売れやすいコツを掴めば今までより確実に売れていくようになります。

これから紹介する秘密の裏技を実践すると、誰でも数万円くらい簡単に売れるようになります。

家の中は在庫に溢れているので周りを見渡してみてください。

1年使っていない洋服や靴、数回着たけどもう着ない結婚式用のワンピース、少し使って合わなかった化粧品など何でも売れる可能性が十分にあります。

てっとり早く資金を手にする事ができる、メルカリの不用品販売をする際に必要な売れる3つのコツをまとめました。

インスタ映えする写真を使う

メルカリを見ると分かりますが、第1に目に入ってくるのは商品写真です。

メルカリで稼いでいる人なら誰もが意識している事ですが、「写真を魅力的に見せて他の商品と差別化する事」が重要となってきます。

最近では、「インスタ映え」という言葉が流行になったように、写真が売上にもたらす影響はとても大きいです。

例えば、床の上で撮影したものより、真っ白のベッドシーツやふわふわのお洒落なラグマットの上でバッグなどの小物も置いてみて、コーディネートのイメージがわかるように撮影したワンピースだと買いたくなりますよね。

床に置いても悪くはないですが、お洒落な写真の方が買いたい気持ちになる人が多いはずです。

適当にパパっと写真をアップロードしてしまうと、せっかくの商品の魅力が半減してしまいますので、写真は少しでもお洒落に見せる方が商品は売れやすくなります。

写真加工・文字入れ

メルカリは出品する際に、画像を4枚まで設定できます。

特に、初めに目につく1枚めの写真が重要で、その写真だけでも少し明るく加工した方が購入に繋がりますので、ここは面倒がらずに加工しましょう。

購入者は4枚の写真でしか商品を判断できないので、写真が少ないと「実は傷や汚れがあるのでは?」という誤解を受けることにも繋がるので、なるべく多くの写真をアップすることが重要となります。

スマホのアプリを使って写真に文字入れをしている人も良く見かけますよね。

限定SALEとか、ついつい目に入って気づいたら買ってたことがあります。

自分が買う立場だったら、その写真を見て買いたいと思えるかチェックしてみてください。

売れるタイトルをつける

写真による視覚的情報も大事ですが、タイトルと説明文の文字による情報も非常に大切です。

商品購入の決め手となる理由として、【本日限定SALE!】【送料無料!】などのインパクトのあるキャッチーなタイトルに人の目は止まります。

商品の説明文はできるだけ詳しく書いた方がより丁寧ですが、それよりもタイトル付けに注力した方が売上は伸びます。

なぜなら、写真とタイトルがセットで商品の第一印象を決めるからです。

タイトル文字数は限られているので、短い文字数の中で商品の魅力を少しでも伝える必要があります。

メルカリでは、毎日たくさんの商品が出品される訳ですから、タイトルにはキャッチーな言葉を盛り込み、人と差別化する事でひと目で興味を持ってもらえるようになります。

買いたくなるようなキーワードを盛り込む

売れるタイトルにするために、様々なキーワードを盛り込む必要があります。

具体例をあげると、商品の型番やブランド名、メーカー名、美品・新品・未使用・送料無料などの商品の状態を伝える情報、商品サイズ・色(服など)や、夏物・冬物・ハロウィン・クリスマスなどの季節情報を盛り込むと効果的と言われています。

例えば、1回しか履かずに眠っているナイキのスニーカーを売るとします。

この場合、【ナイキ スニーカー 白 軽い】というタイトルを付けるをよりも、【超美品!ナイキスニーカー1度のみ使用の歩きやすい靴】と付けた方が、購入者に見てもらう確率が高くなります。

なぜなら、キャッチーな言葉と、検索されそうな言葉を盛り込むことで、人の目に止まりやすくなるからです。

特に、頭の方になるべく【超美品!】などのキャッチーな言葉を持ってくる事は1つのテクニックと言えます。

商品説明文

商品タイトルを決めたら、次に商品説明文を書きます。

説明文には、どのような商品なのかをシンプルに分かりやすく記載しましょう。

例えば、ブランド名、サイズ(寸法)、色、スペック、状態、定価、ベネフィット(商品を買った先にあるメリット)などを記入します。

中古の商品であれば、傷や汚れなどの情報をしっかり書いておくことで、買おうか迷っている人に安心感を与えることができますし、なおかつ売った後のトラブルをあらかじめ避けることが出来ます。

SEO対策

もう1つ大切な事は、SEO対策です。

ウェブサイト制作などにおいてSEO対策は必須となってきますが、そもそも SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」という意味です。

GoogleやYahooなどの検索エンジンで、特定のキーワードで検索した際に上位に表示されるための対策のことを指します。

簡単に説明すると、メルカリにおいても、商品を検索する人が使いそうなキーワードを盛り込む事で、検索に引っかかりやすくする対策をしておく事を言います。

SEO対策をしておくと、検索から商品を見つけてくれる人が増えるので、結果、売れやすくなるということです。

メルカリはカテゴリー、キーワード別に新しく出品された商品が上位表示されていきます。そのためGoogleやYahoo!のように長期間上位表示され続けることはありません。

ですから、出品時に検索されやすいキーワードを入力しておくことで、時間がたってからでも検索に引っかかり売れる場合もあるということです。

売れない商品が売れるようになる秘密の裏技

実は、メルカリで売れるようにするための裏技があることをご存知でしょうか。

メルカリでは、出品された順にトップページの上位に表示されるのですが、毎日毎分、何億人もの人が出品している訳ですから自分の出品した商品はどんどん古くなり埋もれていってしまいます。

「出品しても売れない!」という人は、せっかくの魅力的な商品が、誰にも気づかれていない可能性が高いと言えます。

待っていては売れないので、あるアクションを起こすと売れるようになります。

これを知った時は感動しました。

簡単だし、隙間時間を見つけて、ちょこちょこいじるだけでまた売れだすから驚きました。

実践テクニック

メルカリで実践すべき裏技とは、10円ずつでも良いので毎日価格の変更をしていくことです。

コツがあるのですが、ただ値下げするのではなく一度、値上げしてからもう一度値下げする作業をしていきます。

例えば、¥4980で出品している商品にゼロを1つ追加して、¥49800で出品し、すぐに¥4970で出品し直すといった具合です。

では、なぜ値上げをする必要があるのかと言うと、一定金額の変更があった時にメルカリのトップページに表示されるようになる仕組みになっているんです。

つまり、この技を更新することで、もう一度再出品されたとみなされます。

結果、売れていなかった商品でももう一度売れるようになると言うことですね。

値下げするにも限度があるし、一度値上げ作戦を使うことで、たった10円の値下げでも売れだすようになるから驚きです。

これは本当に凄い裏技ですよ!

これらの事を意識して、メルカリ不要品販売副業を極めていきましょう♪

ブラック転売の逮捕事例気になるまとめ4選

最近、転売を禁止されている商品を販売して逮捕者が出ており何かとニュースでも話題になっています。

転売で犯罪者になる人が後を絶たないため「転売ビジネスは悪だ」というイメージを持っている人も多いですよね。

何かと悪いイメージを持たれがちですが、転売とは物流の基本であり犯罪ではありません。

犯罪ではないのですが注意すべき点があり、法律で「転売が禁止されているもの」があります。

逮捕されてしまった人もこの事を知らずに販売していたか、ルールを守らなかっただけで注意点を知っていれば防げたことです。

特に初心者は、無知のままビジネスをしている人も多く、知らずのうちに犯罪に関与している場合もあります。逮捕されてからでは遅いですし「知らなかった」では済まされません。

ブラック転売の逮捕者の事例についてまとめてみましたので、少しでも知識を身に着けて転売ビジネスの参考にしてくださいね。

偽ブランド品の転売

中国や韓国に行ったことがある方は知っていると思いますが、街中に平気でブランドのニセモノが売られている光景が広がっています。

日本人にはニセモノを作ったり、売ったりするのはいけない事という概念があるので普通に販売していて驚きますよね。

わたしは韓国旅行に良く行くけど、「ニセモノヤスイデスヨ!」と良く声をかけられます(笑)

そもそも、ニセモノを作ったり販売する国の人には「具体的な形が存在しない権利」(肖像権や著作権、免許など)に対する概念がないそうなんです。

例えば、免許で言うと、「免許なんかなくても運転できるのに、なぜお金を払って免許証を取らないといけないの?」という考え方の人が多かったり、有名なブランド品にそっくりな物やパロディ品ならまだ分かりますが、それを飛び越えて全く同じ商品を作って販売していますよね。

ニセモノを買うのは個人の自由ですが、ニセモノと知って販売する事は法律違反となります。

2017年5月、日本国内で偽ブランド品をインターネットで転売したとして男女2人が逮捕されています。

最近では、中国のECサイトの淘宝網(タオバオ)や阿里巴巴(アリババ)などでも簡単にブランド品のニセモノを安く買える環境にありますので、「バレなければいいや!」と安易な気持ちで仕入れて、転売している人もいるかも知れません。

ですがそれは犯罪なので逮捕される可能性が非常に高くリスクが大きいので絶対にやめましょう。

中国からブランド品のニセモノを個人的に仕入れる人もいますが、関税などで目をつけられトラブルに発展するリスクがありますので注意してくださいね。

そもそも正規のブランド品なら転売しても問題ないのですが、ニセモノが多く出回っているので素人が本物がどうかを見極めるのは非常に難しくなっています。特に中国からブランド品は仕入れない事をオススメします。

このような事件に巻き込まれ、逮捕されてしまっては人生終わりですので気をつけてくださいね。

アーティストのチケット転売

好きなアーティストのライブがあってチケットを買おうとした時、「すでに売り切れだった!」なんて経験はありませんか?

そんな時は、チケットを譲ってもらえるサイトなどを利用すると思います。そのような需要があるので、もともとチケットを転売する目的で購入するチケット転売が一時期大流行しました。

2016年頃まではチケットキャンプ(チケキャン)などを通してかなりの盛り上がりを見せていたチケット転売ですが、2017年頃には、転売目的でチケットを購入し販売した人の逮捕者が続出して一時のチケット転売の勢いはすっかり無くなりました。

嵐やジャニーズのチケットが数十万円で売買されたとジャニオタの友人に聞きいた事があります。
熱烈な嵐ファンですよね。

人気アーティストのチケットは高額で売れるからと転売用にチケットを大量に購入し転売する人がいますが、この行為は東京都の条例で禁止されています。

今だにグレーなラインで転売をしている人もいるようですが、近い将来、チケット転売は確実に駆逐されて行くはずです。なぜなら法律的には限りなくグレーで、迷惑防止条例に抵触する可能性もあります。

また、ファンや一般ユーザーから叩かれる能性も大きいですよね。

そしてもう1つ、チケット自体が電子チケットに変わりつつあるという事なので、チケット転売自体が撲滅していくと考えられます。未来のないビジネスに時間を費やすのは時間の無駄ですので辞めておいた方が無難ですね。

違法に取得したIDやアカウントの転売

フリマアプリで人気のメルカリアカウントを不正に取得し、インターネットオークションのヤフオクなどで販売するメルカリアカウント転売が一時期流行りました。

なぜアカウントの転売が流行ったのかというと、同時にメルカリの転売が流行った為、需要があったという訳です。

メルカリに登録するためには、必ず電話番号とメールアドレスが必要で基本的に1つの端末に対し電話番号は1つしかないため、メルカリのアカウントは1人1つしか登録できないようになっています。

メルカリ転売は、1つのアカウントだけではなく大量のアカウントと自動ツールにを使って1日に大量出品をしていきます。

そのため、多くのアカウントを必要とする転売ヤーが多かったということですね。

なかには、メルカリアカウント転売で2000万円以上稼いでいた人もいたそうですが、2017年6月頃からメルカリアカウント転売をしていた人たちが続々と逮捕されています。

多くのアカウント販売業者が逮捕されたのを機に、メルカリ側も業者に対する規制を強化し始めました。

今ではビジネス目的の利用者や業者に対して非常に厳しくなっていて、少しでもルール違反しているみなされると、すぐにアカウントを止められることも良くあります。

メルカリなどのアカウントを不正に作成して販売することは法律に違反しているので、決して真似しないようにしましょう。

オンラインゲームの不正ツールの販売

副業でお金を稼ぐ方法の1つとしてゲームアカウントの売買があります。特にゲームが好きな男性は詳しいかと思いますが、RMT(リアルマネートレード)も同じ意味として扱われています。

リアルマネートレード(英語: Real Money Trade)とは、オンラインゲームやスマホアプリのアカウントやキャラクター・アイテム・ゲーム内の仮想通貨などを現実の通貨(リアルマネー)で売買する経済行為を指します。

ゲームアカウントの売買やRMT自体は犯罪ではないのですが、気をつけなければならない注意点があります。

不正ツール(チート)などを使用したRMTをする人がいるのですが、それは、組織犯罪処罰法違反や威力業務妨害の罪に問われる可能性があり、逮捕者も出ていますので絶対にしないことをオススメします。

不正ツールやチートツール自体の売買は違法行為です。

2016年には、「パズル&ドラゴンズ」(パズドラ)を有利に進める不正ソフト「チートツール」を製造・販売し、運営会社の業務を妨害したとして、組織犯罪処罰法違反(組織的偽計業務妨害)容疑でソフト開発会社社長と、社員の2人が逮捕されています。

また、このようなチートツールでの逮捕例はいくつか確認されていて、オークションサイトにチートツールを出品していた者や、パズドラの不正ツールを作成し、無料でダウンロードできるようにしたとして広島市の私立大3年生(21)が逮捕されました。

アカウントそのものの売買ではなく、不正ツールの販売ということで逮捕されています。

数年前パズドラって流行りましたよね!わたしもやっていた時期があります。その頃はチートツールがあるなんて知らなかったな。

ゲームアカウントの売買は犯罪ではないですが、チートが使用されたアカウントの売買は、罪に問われる可能性がありますので、十分に気をつける必要があります。

これらのようなブラック転売があることを事前に知っておくことで、トラブルに巻き込まれることは少なくなりますので、ネットビジネスをされる方は特に注意して知識を身に着けてビジネスをしていきましょう♪

初心者に無在庫転売をオススメする3つの理由

物販ビジネスの経験がある人は意外と多いかも知れません。

副業で物販ビジネスをしている主婦の方や、副業までいかなくてもフリマアプリを使い、不用品販売をしているOLの方も非常に多いです。フリマアプリを使って稼いでいる人も出てくる程、私達の周りにインターネットビジネスが普及してきたと言えますね。

「OLや主婦が資金ゼロからでも稼ぎやすいオススメのビジネス3選」をご紹介していますが、その中でも無在庫転売がオススメな理由についてまとめてみました♪

資金ゼロ・在庫なしで始められる

「無在庫転売は犯罪ですか?」と思われる方がいますが犯罪ではありません。

犯罪ではないのですが、商品を販売するプラットフォームによっては無在庫販売を禁止してる所と、逆に無在庫転売を許可している所もあります。

資金がないけど起業したい!と思っている人に、無在庫転売は最適なビジネスです。

なぜなら、有在庫転売ですと初めに商品を仕入れる必要がありますが、無在庫転売は初めに在庫を持つ必要が無いため、起業資金などの経費はほぼかかりません。

すぐにでも商品を販売することができて、売れたら仕入れれば良いので資金ゼロからのスタートでも参入しやすいメリットがあります。

きちんと利益のでる商品を見つけ販売していけば、まとまった資金を作ることも可能です。

まず、無在庫転売で軍資金を作り、そこから大金を稼ぎ出す人もいますので、お金がない人が諦めてしまうのはもったいないです。

お金がないなら無いなりにできることもあるのでまずは無在庫転売から始めることをオススメします。

梱包・発送の手間がない

在庫を抱えてビジネスを始めると、自分で商品を梱包して発送する作業がでてきます。

梱包材を買い揃えるのにもお金がかかりますし、1日に数100個梱包するとなると、時間もかかるし結構な労力を使います。

送料を安くするために、配送業者と大口契約をした方が送料が安くなるのですが、契約の手間もでてくるのと、なにより集荷時間には家にいないといけないのでだんだん面倒臭くなってきます。

発送作業を自分ですると半日近くかかったり、時間を拘束されるのでストレスになります!(泣)

ですが、無在庫転売の場合、商品が売れたらネットから仕入れてお客さんに直送するか、外注化することで、自分が梱包や発送をすることはなくなります。

在庫を持たないととても楽ですし、結果的に時間も増える事になります。

利益100万円を稼ぐまでのスピードが早い

メルカリ無在庫転売で稼ぐ方法などがSNS上で蔓延していますが、実は、メルカリ・ラクマ・Amazon・ヤフオクなどのプラットフォームでの無在庫販売は禁止されています。

例えば、メルカリではお客さんとのやり取りの中で、手元に在庫がないとみなされるようなやり取りをするとすぐにアカウントが停止されます。数年前にメルカリ無在庫転売が流行ってからメルカリの無在庫転売への規制がとても強くなりました。

ですが、禁止されているにもかかわらず今だにメルカリ無在庫転売や、Amazon・ヤフオクを使って月100万円を稼いでる人がいるのも事実です。

具体的には、メルカリで先に出品し注文を受けてから、ネット通販サイトなどで商品を購入してそのまま購入者に直で商品を送る裏ワザですが、リスクが大きいのでオススメはしません。

無在庫転売を禁止しているプラットフォームではきちんとルールを守って利用しないと、アカウントを停止されてそのアカウントは凍結され使い物にならなくなってしまいます。

アカウントが凍結して数ヶ月売上の入金がなかった人もいますので注意が必要です。

メルカリ・Amazon・ヤフオクが無在庫転売を禁止している一方で、なんと!無在庫転売を許可しているプラットフォームがあります。

それは、ブランド品販売に強いBUYMA(バイマ)や、個人でもハンドメイドショップなどを開業できるBASE(ベイス)などです。

国内の商品を転売するよりも海外から人気のアパレルブランドやアパレル小物などを輸入し販売している人が多いです。

なぜなら、海外で買ったほうが安い商品もあり、その価格差で利益が得られるからです。

特にBUYMAは一度売れだすと3ヶ月以内に月100万を売り上げることも可能です。

なぜなら物販ビジネスは再現性が高いと言われていて、初心者でもある程度の量をこなすと稼ぐことができるからです。

BASEは今人気の韓国ファッションをInstagramから集客して販売する方法で月100万以上の売上をだしているSHOPがあります。まだまだライバルの少ない状況なので今のうちがチャンスですね。

特に女性はファッションが好きな人も多いですし、BUYMAやBASEを使った無在庫転売から始めてみても良いのではないでしょうか。

グレーなビジネスで単発的に稼げたとしてもすぐに資金はショートしてしまいますので、きちんとルールを守りながら長期で利益を出し続けていく事ができるビジネスの構築をオススメします。