英語が一気に話せるようになるレストランと買い物で使える英文法

初めにわたしの英語力について説明しますと、中・高の義務教育で6年間英語を勉強しただけで大学には行っていません。

つまり、高校以来、英語の勉強をしていない状況。正直、英文法とか色々全部忘れてしまいました。

テストの点数は平均80点以上はとれるそこそこのレベルでしたが、外国人の先生が来る授業のときなんかは話すことにビビってしまい、いつも緊張していました。

いざ海外に住んでみると読み書きの力は全く必要なくて、それよりも生活していくにはリスニング力と会話力が必要です。

なぜ義務教育で6年間も英語を習ってきたはずなのに、英語が全く話せないのか?不思議に思い色々調べていたら衝撃的な事実が判明!

6年義務教育を受けても日本人が英語が話せない訳

実は、私達が勉強してきた中・高で習う英語は、大学受験に合格するための勉強法だったのです。

話せるようになる授業をしている訳ではなく、テストで良い点を取り受験に合格できるように英語を勉強していたのです。

どおりで、6年も勉強して話せるようになる人が少ない訳だなと納得しました。

思い返してみれば、読み書きの授業ばかりでリスニングと会話する授業は少なかった気がします。

ですが、2020年から、英語の教育方法が変わるそうなので今後はもっと英語が話せる日本人が増えてくるかも知れません。

わたしは大学受験せずに専門学校に行ったので、その6年間で生きていく上で必要な会話力を身に付けたかった!と落胆しました(笑)

英語が話せたほうが良い理由

海外に暮らしてみると、言葉は話せるに越したことはないと痛感しています。

なぜなら、話しかけてくれる人がいてもコミュニケーションが上手くいかなくて良く悔しい思いをしますし、言葉が話せるだけで、世界中に友達ができて人生がより豊かになるからです。

せっかく海外に来たのだから、リスニング力と会話力を身に付けたい!と思いましたが、実際には何から勉強したら良いか分からずモヤモヤとした日々を過ごしていました。

でも、ある方法を見つけてからは一気に英文法を使う機会が増えました!

まずはコレさえ覚えれば良い英語

日常生活でいつも自分がしている行動はなんだろう?と考えた時に、ご飯を食べに行ったり、買い物に行ったり、タクシーに乗って出かける事が自分の行動の中で1番多いなと気づきました。

どれも、店員さんやドライバーの人と触れ合う=英語を使う機会があるという共通点がありました。

ということは、く使う必要最低限のことから勉強すれば効率が良いのか」と思い「最低限英語勉強法」で勉強をは始めたのです。

※これは私流の勉強法です。

1から勉強し直すと時間がいくらあっても足りないのでこの方法に至りました!

食事を注文する時

タイは外食文化なので屋台はもちろん、レストランやファストフード・和食・イタリアン・フレンチ・韓国料理まで、たくさんの飲食店が存在しています。わたしもよく外食に行きますが、今までは単語でコレ!と指差し注文していました。

指差しでも伝わりますが、せっかくなので英文法で注文したい」と思い簡単に使える英語を覚えました。

注文方法はだいたいこの3つ

  • Can I get ◯◯◯?
  • Could I get ◯◯◯?
  • I’d like ◯◯.

ファストフード店などではレジにメニューが置いていなくて、レジ後ろの上の看板から注文することが多いですが、そんな時に使える英文法です!

  • Could I get a humburger and french fries?

初めは、キャナイ ゲット〜?と注文していましたが、canは結構ラフな感じなので、本当はクドゥアイ ゲット〜?の方が丁寧語になるそうです。これは覚えやすい方でOK。

海外旅行の時に覚えて使って見ると、一気に成功体験を積むことができるのでおすすめです。

  • 「I’d like ◯◯.」は「わたしは◯◯が欲しい」と伝える時に使えて超便利!

飛行機でも良くビーフorチキン?と聞かれますよね。その時に、I’d like chicken. と言えたらカッコいい訳です(笑)

良くわからないけど欲しいものを伝える時に、とにかく便利な I’d like を多用しています(笑)

買い物する時

デパートに入っている高級ブランドのお店に行くと、必ず店員さんが話しかけてきます。何かお探しですか?とついて回ってくるからゆっくり買い物ができませんよね!そんな時に便利な言葉。

  • I’m just looking,Thanks.(見ているだけです)これを覚えておくと結構便利です。本当についてくるので!(笑)

後は、気に入った商品を試してみたい時に使える言葉。

  • Can I try this on ? (試してみてもいいですか?)
  • Thank you. I’ll about it. (少し考えます)これは断る時に便利なのでセットで覚えました!

まとめ

海外に住み始めてから、やっぱり英語を話せるほうが生活が楽になることが分かりました。初めのうちは、言葉が出てこないし、伝えたくても分法があっているか不安で自信が無いから声も小さく、萎縮気味でした。

でも、必要なシーンに合わせた勉強法を始めてからは、今まで単語しか出てこなかったわたしでも、一気に英文法で話せるようになりました。

リスニングが苦手な人が多いですが、「人間の脳は、知らない言葉を聞き取ることはできないそう」なので、英語の音楽を聞くとか、英語YouTubeでとにかく耳を英語に慣れさせるなどを繰り返しいていると聞き取りやすくなります!

しばらく英語に触れていないと全く聞き取れなくなりますので、海外旅行前には耳を慣れさせることをオススメします。

なにより成功体験を積む楽しさが英語をもっと話したい!という気持ちにさせてくれるので、旅行に行った際には必要シーンの英文法を覚えて使ってみてほしいと思います♪

 

海外移住をして「もう日本には戻らないだろう」と思う魅力3選

海外に住み始めてから「もう日本には戻らないだろうな」と思う瞬間があります。

日本も十分に良いところなのですが、それよりも海外に住むという事は
私を虜にする大きな魅力があります。

実際に住んでみて良いなと思ったことが3つあるのでまとめてみます。

平均気温が安定している

年間を通して気温が安定している国に住んだ事がある方はわかるかもしれませんが、気温が安定していると人間の自律神経の乱れは減るため、年中通して快適に過ごすことができます。

ずっと暖かいというより、むしろ年中暑いので、一々小さな事で悩むことも無くなりますし、気持ちが常に開放的になります。

平均気温なんて一見気にならない方も多いかと思いますが住んでみると体の感覚が全然違うのです。

「寝起きが良い」「日本にいる時よりも体がラク」「暖かい国の人はみんな陽気」

気温は、国の人柄にも影響してくると思います。

例えば、暑い国のブラジルとか南米・ハワイの方々はイメージ通り陽気な方が多いですよね。ダンスや歌が好きな文化だったり人に対しても開放的な印象です。

逆に、寒い国のロシアや南極よりの方は、年中寒いという事からして、暑い国の方に比べると少し閉鎖的な印象なのではないかと思います。

日本でも夏が来る時は気持ちが開放的になりますよね!それがずっと続いている印象です。

寒いのが苦手な私にとって冬が来ないという経験をする事になるとは思っても見ませんでしたが、今ではすっかり夏の暮らしに慣れて毎日プールにはいったり常夏を満喫しています。

開放感に満ちあふれている雰囲気がとても好きになりました。あとは、花粉がないことも非常に良いメリットと言えますね。

物価が安く生活コストが大幅にカットできる

実は、海外に引っ越してくる前は、福岡に住んでいました。

その前は東京に住んでいましたが、家賃が高くて狭い1kの家に住んでいた時期もありました。

食費や飲み代、洋服代も東京にいるとカナリ嵩むので、OLの頃は貯金なんて全くできませんでした。

その点、福岡に住んでからは、東京よりは快適な生活を送っていました。

ご飯は美味しくて安いお店が多く、東京よりも物価が安いので、家賃も食費も断然安く済ませられて「最高な街!」と思っていました。

ですが、海外に住んでからは更に「生活コスト」を大幅に抑える事に成功しました。

日本から住民票を抜くことになりますので、年金や税金を払う義務がなくなります。
個人・法人ともに日本の税率はとても高く圧迫されている方も多いはずです。

わたしも、OLを辞めて独立した直後は、収入もほぼゼロに近い状況だったので、前年の給料に対する高額な税金を支払う事にストレスを感じていました。

年金は対して貰えないであろうに、払い続けて今の生活が苦しい方も多いみたいです。そんな方は「お金がなくて払えません!」と素直に申請すると年金の免除申請ができますので近くの役所に相談してみてください!

住民税などの最低限の税金は払う必要がありますが、国民年金と健康保険は、例えば病気などで”働きに出れない事情”を役所に申請すると、免除や減額をしてくれます。

後から追納することも可能ですし、払えない事情があるなら、毎年免除申請を継続していけば、払わなくて済みます。

私は、退職直後、「しばらく働けないのでお金がありません。少ない貯金で暮らします」と伝えた所、3万円ほど支払っていた国民健康保険が1700円まで減額になりました。

日本に住んでいるなら払うべきかとは思いますが生活ができないレベルの人は相談に行ってみてくださいね。

海外にきてからは、なんと月の生活固定費は、家賃・食費・光熱費・外食など含めても15万ほどで収まっています。
同居人1人と犬1匹と暮らしてこの金額で収まるので、お1人の方だともっと安く生活をすることが十分可能だと思います。

固定費はなによりも家計を圧迫してきますので、減らすに越したことはありません。それらが抑えられた事で本当にストレスフリーとなりました。

英語を話す機会が毎日あること

昔からずっと英語を話してみたいという野望がありました。

ペラペラになりたい!って漠然と思っていましたが、日本にいるほとんど英語を使う機会はないですし、英会話スクールに行ったり、外国人と触れ合えるバーに出向いてみたり、コミュニティなどに自ら率先して参加しない限り話せるようになるのは難しいだろうなと半分諦めていました。

ですが、海外に住んでからは外に出ると日本語が通じません。街を歩いていても日本語は聞こえてこない。耳に勝手に入ってくる言語がすっかり外国の言葉だけの日々になりました。

そうすると、リスニング力がついてくるんですよね!

これには自分でも驚きましたが、意外と何を言っているのか聞き取れるようになります。

毎日、英語を耳にしていると自然と頭の中に入ってくるので、実際に英語を使わざるを得ない環境に見を置いたほうが早く英語を話せるようになるのではないかと思っています。

日本にいる時は、ボーッとしててもコンビニで買い物ができたし、タクシーに乗っても行き先を伝えれば当たり前に目的地につきますよね!ですが、海外に住むと日本語が通じないので脳みそはいつもフル回転!常に考えながら、生活するようになりました。

「どうやって伝えよう!」「今なんと言ったのだろう?」と、とても頭を使うので脳が活性化されている事が分かります。

慣れた環境を飛び出すことは、初めはとても勇気がいるかもしれませんが意外となんとかなるものです。

日常生活がマンネリして退屈してしまっている人には海外移住がおすすめです。